フリーターは、正社員として就職するよりも重たい責任を背負わずに済むものです。そのため、多少将来が不安定でも多くのメリットが存在しています。例えば正社員としての仕事が長続きしない人は、自分に合う仕事を見出せていない可能性があります。そのような人はフリーターとして様々なアルバイトを経験する中で、適正を発見する事ができるのです。アルバイトであれば単発のものや短時間労働のものが多数存在していますので、少ない時間で複数の仕事を経験してみることが出来ます。

他にも、人間関係に上手く馴染む事ができず正社員として続かないと言う人は、フリーターで生計を立ててみましょう。アルバイトであれば退職したとしても正社員より経歴に傷が付きません。自分に合う職場が見つかるまで、そのような形で様々な場所に飛び込んでみましょう。アルバイトの中には将来的に正社員にしてもらえる場所もありますので、生活の安定を望む場合そうした職場を選ぶ事が大切です。

将来的にライフスタイルが変化する可能性を持っている人は、就職する際に正社員として働くことを選択すると後々面倒なことになったりもします。結婚や出産を考えている人や配偶者の転勤でいつ引っ越すか分からないというような人であれば、アルバイトとして生活していた方がいざと言う時の変化に対応できます。正社員の場合、急な退職は職場に大きな損害を与えてしまいますので注意しましょう。また育児中の方にとっても、シフト制のアルバイトはフレキシブルに休みを挟める点でメリットが大きいと言えます。