フリーターという言葉を聞いて、思い浮かぶ印象はどういったものでしょう。正社員として働かないで気楽。自分のペースで生きていて自由。その他にもいろいろな印象があるのではないでしょうか。フリーターは正社員ではないので、生活は安定はしていません。安定していない分、給料も月ごとにバラバラです。

しかし、給料の面で言うと安定している正社員よりもはるかに高い額を稼いでいる人もいるのです。フリーターの生活は、朝に仕事で始まって、夜に仕事で終わります。派遣やパート、アルバイト、短期、単発、いろいろな仕事をうまく掛け持ちして、一日を有効活用しているのです。スケジュール管理をしっかりとしていれば一日中働いて稼ぐことができ、連休を作ることも可能です。自分が働きたいだけ働く、そういう生活をしているのです。

世の中正社員にならない人は難しい目で見られますが、例えば持病を持っているなどいろいろな理由で正社員になることができない人もいます。もし持病を押し殺して職に就けたとしても、持病が原因で会社に迷惑がかかる。それも一回二回ではなくこの先ずっと。それならば、自分のペースで働いた方が自分のためにも会社のためにもなるのではないだろうか。そう考える人も世の中にはいます。
フリーターという働き方は、年を経るに連れて雇用の面で不安が募ってくるでしょう。しかし、年を取っていっても雇用し続けてくれる場所が一つでもあれば、もし他の仕事先がなくなってしまってもいろいろと打開策を練ることができるのではないでしょうか。